診療予約はこちら お問い合わせ

一般婦人科外来

おりものについて

おりもの異常

最近おりものが増えた、匂いがする、検診でおりものを指摘された、等など、気になる方はご受診ください

おりものは、雑菌が膣の中に侵入してくるのを防ぐために分泌されているので、健康な女性でも出てきます。

排卵期
おりものの量が最も多くなる時期。においは少ない。
生理前
排卵後、いったんは減少するものの、生理が近づくと再び量が増えてくる。
どろっとした粘性のある白濁した状態で、においが強くなる。
生理後
生理直後は残った経血とおりものが混ざり、茶色っぽい状態のことも。
量、粘度ともに少ない。

時期によって色や性質が変わります。排卵の時期には透明で粘り気がありのびるものになります。月経前には白っぽいクリーム状のものが多いです。正常なおりものには臭いがしません。おりものは酸性ですので、酸っぱい臭いの時もありますが、周囲には匂っていないということも多いです。

おりものの成分

  • 卵管、子宮内膜、子宮頸部、膣から分泌される粘液
  • 腟壁からはがれた古い細胞
  • 腟口の左右にあるバルトリン腺からでる分泌液
  • 尿道口の左右にあるスキネ腺からでる分泌液
  • 外陰部の皮脂腺や汗腺からの分泌液

心配なおりもの

おりものの量がいつもより多い

腟炎や子宮頸管炎、子宮頸管ポリープがあると、おりものの量がいつもより多くなります。炎症を起こしている場合は、おりものが濃い黄色になります。炎症を起こしていないなら、白っぽい色をしています。
うすいミルク状や淡い膿状だったり、茶色が混ざった泡状のおりもので痒みを伴う場合は、腟トリコモナス症のことがあります。これは悪臭がすることがあり、抗生剤や腟錠での治療が必要です。

おりものが茶色っぽいとき

おりものに少量の血液が混じって時間が経過すると、茶色っぽい色になります。子宮頸管炎、子宮頸管ポリープ、萎縮性膣炎などでみられます。子宮頸がんや子宮体がんなどでも茶色のおりものが出る場合があります。

おりものに新鮮な色の血液が混じるとき

おりものに鮮血が混じるのは、出血しているところがどこかにあるからです。外陰部や腟壁に炎症や外傷があるとき、子宮頸管に炎症やポリープや腫瘍があるとき、子宮の本体に異常があるとき、あらゆる原因が想定できます。

おりものに異常を感じた時は、婦人科にてお気軽にご相談ください。

「私だけかも…」と思わなくて大丈夫です。かなり多くの女性がおりものの悩みを抱えていらっしゃいます。ですので、なんでもおしゃってください!